Menu ☰

Tokyo Olympics: Earth Island Renews Our Call to Japan: End Whaling and Dolphin Killing

| Mark J. Palmer
Topics: Dolphins, Taiji, Japan

The International Marine Mammal Project of Earth Island Institute recently renewed its call to Prime Minister Shinzo Abe that Japan should permanently end the killing of whales and dolphins before the 2020 Olympics in Tokyo.  Our letter follows in English and Japanese. Copies were sent directly to Mr. Abe, and to the Japan Embassy in Washington DC and Japan Consulate in San Francisco. We will shortly be sending it to the Japan Olympics Committee, who have passed along our previous letters to the Japanese government.

 

The Hon. Shinzo Abe, Prime Minister            November 12, 2018

1-6-1 Nagata-cho, Chiyoda-ku

Tokyo, Japan100-8968

 

    Request Letter for Ending Dolphin and Whale Hunts

 

Dear Prime Minister Abe:

    We hope our letter finds you in good health.  We greet you with respect for the Japanese people and for Japan.

    Three recent events should bring home to you and the people of Japan the need to end the killing of whales and dolphins.  We again encourage you to take action to end whaling and the dolphin slaughter.

    As you know, the Japan Olympics Committee recently had to publicly apologize for including a captive dolphin show at Enoshima Aquarium for the opening of a cruising event that was a test of the venue for the upcoming 2020 Olympics.  The incident received wide coverage in Japanese and world media. We have attached a copy of the story from the Asahi Shimbun and the UK Guardian as examples. We believe this incident strongly reinforces our message to you that Japan should end the killing of dolphins and whales.  The dolphins in the aquarium were captured in the bloody dolphin hunts in Taiji.

    Furthermore, the tribunal for the Convention on International Trade in Endangered Species (CITES) ruled recently that Japan was in nonconformance with that treaty for Japan’s research whaling of sei whales.  

    Last but not least, Japan’s effort to end the moratorium on commercial whaling was overwhelmingly rejected by the International Whaling Commission in September.

    Along with many other organizations and country governments, Earth Island Institute’s International Marine Mammal Project is opposed to the killing of whales and dolphins.  We believe ending Japan’s killing of whales and dolphins, particularly in light of Japan’s hosting the Olympics in two years, would be beneficial to Japan and enhance Japan’s international reputation.

    We should stress that we do not believe in a boycott of Japan nor a boycott of the Olympics in Tokyo.  

    In 2020, Tokyo will be hosting the summer Olympics.  The world will focus on Japan, and Japan will have an extraordinary opportunity on the world stage to restore prestige.  

On that world stage, the slaughter of innocent whales and dolphins, anathema to most of the world’s people and governments, would send a jarring note of Japan’s unwillingness to cooperate with world bodies like the World Court, CITES, and the IWC.  This need not be the case.

The Olympics are all about cooperation and celebration.  The slaughter of whales and dolphins practiced by Japan are anything but.  Does Japan really need such black marks on their national reputation?

We are told in antiquity that Greek warriors laid down their arms and ceased wars in order to join in the Olympic competitions, upon which our modern Olympics are based.  It is time for Japan to lay down their harpoons and spikes with which they kill whales and dolphins, and join the rest of the world in ending the exploitation of these intelligent and remarkable beings.  Country after country, some having longer “traditions” of whale and dolphin hunting than Japan, have ceased such activities.

The Sept. 1st beginning of another season of dolphin hunting has commenced.  In December, the Japanese whaling fleet still plans to set sail for Antarctic waters.  Will the Japan government take action now to end the hunting?

We are enclosing our listing of alternatives for dolphin hunters and the communities in which they live and work.

A gesture of international cooperation and goodwill by Japan towards whales and dolphins would have immense global value.

    With two years to go, now is the time for Japan to start phasing out dolphin hunting and whaling permanently.  

    Thank you for your consideration of our views.

Sincerely,

    David Phillips                        Mark J. Palmer

    Executive Director                    Associate Director

 

平成30年11月12日

〒100-8968

東京都千代田区永田町1-6-1
内閣官房内閣広報室

 

内閣総理大臣 安倍 晋三殿

 

    アースアイランド研究所   国際海洋哺乳類プロジェクト    エグゼクティブディレクター   デービッド・フィリップス

            アソシエイトディレクター   マーク・パーマー

 

    

捕鯨およびイルカ漁廃止のお願い

 

拝啓 立冬の候、総理殿におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。日本国および日本国民の皆様に敬意をもってご挨拶申し上げます。

 

総理殿および日本国民の方々は、最近起きた三つの出来事のため、鯨およびイルカの捕殺を終わらせる必要性に迫られているのではないでしょうか。捕鯨およびイルカの虐殺を終わらせるため、総理殿に行動をとっていただくことを再度奨励致します。

 

ご存知の通り、2020年五輪のテスト大会となった先日のセーリングW杯江の島大会開会式でイルカショーが披露されたことについて、大会実行委員会は公に謝罪しなければなりませんでした。この事件は日本国内と海外のメディアで広く報道されました。朝日新聞と英ガーディアン紙の記事のコピーを添付いたします。このことは、日本はイルカと鯨の捕殺をやめるべきだという私共のメッセージを強固にするものであります。新江ノ島水族館のイルカは、太地町で血に染まった残酷な方法で捕獲されました。

 

加えて、日本によるイワシクジラの調査捕鯨はワシントン条約に違反しているという判決が最近下されました。

 

さらに、商業捕鯨の再開を求める日本の提案は9月のIWC国際捕鯨委員会総会で反対多数で否決されました。

多くの他団体や諸外国政府と同様に、私共の団体は鯨およびイルカの捕殺に反対致します。特に二年後の東京五輪開催を考慮すると、捕鯨およびイルカ漁の廃止は貴国にとって有利であり、海外での日本の評判が高まると思われます。

 

敢えて申し上げますが、私共は日本や東京五輪のボイコットには反対しております。

 

2020年の夏季五輪開催に伴い、世界が日本に焦点をあてます。日本の威信回復を可能にする、絶好の機会となるでしょう。

 

世界中の人々や諸外国政府は、何の罪もない鯨およびイルカの虐殺を忌み嫌っております。世界が注目する中、日本が国際司法裁判所やワシントン条約、国際捕鯨委員会といった国際機関との協力を渋れば、不協和音が生じかねません。そのような事態は回避すべきです。

 

オリンピックは協力と祝賀のためのものです。日本が行っている捕鯨およびイルカ虐殺は、そのようなオリンピックの真髄に相反します。果たして日本にそのような汚名が相応しいでしょうか?

古代ギリシャでは、オリンピック競技に参加するために戦士たちが武器を置き、戦争を中止したと言われています。それが近代オリンピックの源です。日本も捕鯨やイルカ漁に使用される銛や金属棒を置いて諸外国に加わり、この高度な知能を有する類稀な動物の搾取を食い止める努力をするべきです。日本よりも長い捕鯨やイルカ漁の「伝統」を有する国を含め、多くの国が次々とそのような漁を廃止しています。

 

去る9月1日に今シーズンのイルカ追い込み漁が解禁となりました。来月12月には日本の捕鯨船団が南極洋への航海を予定しています。日本政府はこれらの漁を廃止するため、今すぐ何らかの対策をとって下さいますでしょうか?

 

イルカ漁師と彼らの地域社会のために、イルカ漁の代替策を考案いたしました。リストを同封致しますので、是非ご検討頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

鯨やイルカ保護のために日本が国際協力の姿勢と友好的な態度を示せば、世界中から絶大な評価が得られることと予測いたします。

 

東京五輪まであと二年。日本は今すぐにイルカ漁および捕鯨の永久廃止にとりかかるべきです。

 

是非とも私共の上記要望をご検討頂けます様に切にお願い申し上げます。

敬具